スポンサードリンク

リフォームを考えた住宅作り

住宅のメンテナンスによる補修も大事ですが、住宅購入時より家族の要員が変化することも考えて新築住宅を購入する必要があります。
そうはいっても、新築住宅を建てるときはあまり先々のことまで考えて住宅を建てる人もあまりいないと思います。しかし、新築時には小さかった子供も10年もすると思春期に入り自分の部屋を持ちたくなることもあるでしょう。
また、親を引き取って暮らすことになるかもしれません。
そうなってから住宅を増改築(リフォーム)するのも金銭的に厳しいことが多いと思います。そのために住宅の補修費同様リフォーム用の資金も蓄えておく必要があります。
住宅をリフォームをするときにリフォームローンなども存在しますが、住宅ローンを支払っているときにリフォームローンの借り入れをした場合ローン費用だけでも結構な額になってしまいます。
このようなことから、住宅のリフォームを考慮して新築住宅の住宅ローンも無理のない借り入れを行いましょう。

やがて老朽化する住宅

新築住宅を購入するときに住宅が老朽化することを考えて購入する人は少ないことでしょう。住宅の老朽化など先のことを考えるよりも暮らしやすい間取りや使いやすい設備類、キレイな外観などを重視するのが普通です。
しかし、住宅は間違いなく買ったときから老朽化が進んでいるのです。新築で購入して10年くらいは補修などはあまりないと思います。
また、このときに明らかに施工ミスであるような住宅は住宅を建てた住宅会社の責任において補修することが多いためにそれほど住宅のメンテナンスに気をつける人も少ないと思います。
しかし、住宅は築10年を過ぎたあたりから傷みが多くなってきます。そのために住宅ローンを組むときもできれば住宅の補修費用などを定期預金などに入れるような工夫が必要となると思います。
新築住宅を購入した場合、住宅の補修には多額の費用が発生する場合がありますので計画的に補修費用も捻出するようにしましょう。

後付ベランダという方法

2階建て以上の住宅を建てた場合にはベランダが合ったほうがいいですよね。しかし、ベランダは雨漏れ原因の一つでもあり防水工事の施工がきちんと出来ていなければなりません。最近の住宅はベランダに用いる防水材(FRP樹脂が主流)の性能向上により、雨水による漏水はかなり減ってきてはいますが、やはり、屋外に設置されるベランダは雨漏れの心配が完全になくなることはありません。
そこで後付タイプのベランダを設置してみませんか。後付タイプのベランダにも数種類の取り付け方法があります。主に後付タイプのベランダはアルミ素材のものが多いようです。アルミベランダは柱建てタイプと躯体に直接ベランダ取り付け用の部材を取り付けるタイプの2種類があります。柱建てタイプの場合でも住宅本体にベランダ取り付け用の部材を取り付けますが、ベランダの柱(支柱)が1階土間部分から支えるためにある程度大きなベランダを施工することが可能となります。
住宅本体から部材のみで支えるベランダはやはり重い加重をかけることは出来ないため、狭いタイプのベランダになります。どちらのタイプのベランダも本体にベランダ取り付け用の部材を固定するためにその部分の漏水には注意が必要となりますがそれほど気にすることはないと思われます。
住宅への漏水が心配な人は後付ベランダも選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

ベランダの納まりと注意点

2階建て住宅を作るときにベランダは標準装備のようなものですよね。たしかにベランダは物干しや2階の居室から屋外に出ることができる便利な空間です。しかし屋外に設置されていることから、どうしても雨仕舞いには注意が必要となります。ベランダ床の仕上げ材として最近ではFRP樹脂が一般的に用いられています。このFRP樹脂はガラス繊維をエポキシ系の特殊プラスチック樹脂で固めたもので、船の船体などに使用されるとても強度が高く腐食にも強い材料です。
FRP素材で防水処理を施したベランダであってもたまに雨水による漏水トラブルが発生する場合があります。その場合の一番の原因はパラペット(壁の立ち上がり部分)とサッシの取り合い部分でうまく防水ができていなかった場合などに起こるときがあります。また、サッシ下端の立ち上げ寸法が少なくて雨水がサッシの下部分から進入したりすることがあります。
ベランダのドレン(排水口)のつまりにも注意が必要です。もしドレンが詰まった場合ベランダはプールになりますのでそのような場合はオーバーフロー管を設置して部屋内に雨の侵入がおきないように施工しておく必要があります。

屋根からの雨漏れ原因

木造住宅にとって災害時の倒壊、延焼についで怖いのが雨漏れによる木材の腐朽なのではないでしょうか。そこで今回は屋根からの雨漏れについて紹介していきます。
屋根からの雨漏れはどのようにして起こるのでしょうか?まず一番考えられるのが屋根材(瓦やコロニアルなど)が割れていたり、施工不良により瓦がずれていたりすることでしょう。
しかし、このような瓦材のわれやずれなどは新築工事の際には竣工前に検査を行うのでまずありません。
では、他に屋根からの雨漏れはどのようにして起こる理由として考えられることは下屋根と外壁との雨切部分の施工不良による雨漏れや、寄せ棟屋根などでの谷(雨水が合流する箇所)部分の捨て板金の施工不良、トップライト(屋根に取り付けた天窓)の施工不良などが考えられます。
そのほかにも台風時などの横雨により、かぶりの少ない瓦などはわずかながら雨漏れを起こすことがあります。
もし、雨漏れを発見した場合にはすぐに対応しなければ木材の腐朽につながり、シロアリが発生することも考えられます。雨漏れには最新の注意を払いましょう。

シロアリ被害対策

木造住宅で一番怖い敵はなんと言ってもシロアリでしょう。一匹一匹はとても小さな本当に普通のあり位の大きさのシロアリが住宅全体を壊してしまうまで食い荒らしてしまうのです。
もし、一生の財産と思って買った家にシロアリ被害が起きてしまってはなくに泣けない状態になってしまいます。新築住宅の場合シロアリ予防の薬を塗布した場合5年間保証はつきますが、もし、シロアリがその住宅に浸入してしまっては5年もたたないうちにシロアリの食害を受けてしまうでしょう。
住宅の構造材でシロアリの被害にあわないものといえばガラスくらいのものでしょう。コンクリートも体内から出す【酸】によって溶かしてしまいます。ですので、もしマンションなどの鉄筋コンクリート造りの住宅に住んでいてもシロアリの被害にあわないことはないのです。
帰って、高気密高断熱であるがゆえに冬でもシロアリの活動が活発に起こりシロアリの食害を受けてしまうことが考えられます。
シロアリ被害はおおよそ腐朽した木材から広がっていきやすいものです。このことから、木材などがぬれるような状態にあるのであれば(漏水や雨漏れなど)すぐに復旧工事をする必要があります。
また、高温多湿をシロアリは好みますので、空気がこもらないように床下などは常時換気できるようにしておきましょう。

通気工法の家

住宅の外壁にサイディングを張る家が多くなりましたよね。新築住宅のかなりの部分がサイディング貼りの住宅でしょう。そのサイディングを張った住宅が世の中に出てきたのはまだそれほど年数がたっていません。せいぜい20年位のものでしょう。その前にも乾式外板は用いられていましたが、現在のようなサイディングはまだ普及していませんでした。
なぜこれまでサイディング貼りの住宅が増えたのでしょうか。一つの理由に工期の短縮が挙げられるでしょう。また、モルタルなどの塗り壁特有のクラック(ひび割れ)が発生しづらいのも特徴の一つです。
サイディングも10年位前までは通気シートに直接サイディングを打ちつけていたのですが、サイディングへの結露が発生することが判明したことから、通気工法を取るようになりました。
通気工法とは木造の下地材とサイディングの間に通気層(空気の層)を設けることでサイディングの結露防止とシーリングが切れたときの雨水の浸入を少しでも防ぐ役割と、住宅の外周部に空気の流れを作ることで住宅の乾燥をさせる働きがあります。
このようなことから、最近のサイディングを張った住宅では通気工法が一般化しました。

住宅の換気の重要性

自分の買ったマイホームはできるだけ長く持たせたいものですよね。しかし、家というのは手入れをしなければ思ったより早く痛んでしまうものなのです。このことはご存知でしょうか。物というのは大事に扱えば長持ちしますよね。それと同じでマイホームも大事に扱う(定期的な点検、補修)を行うことで長持ちさせることができます。
しかし、点検、補修をするのも素人ではなかなか簡単にはできないものです。そこで、一番簡単なマイホーム長持ち方法が家の換気です。
換気といっても強制的に換気扇などを取り付けるのではなく、窓を開けるなどの簡単な換気方法でいいのです。
現在のマイホームは高気密化が進んでいることから、昔の家のように隙間風が入ることはまったくといっていいほどなくなってます。厳密に言えば若干の隙間はあるのですが
特に木材は切って製材された後も呼吸をしていますので、なるべく新鮮な空気を取り入れることで長持ちします。また、換気をすることで湿った空気が屋外に出て行き、ホコリやカビなどの発生が極力抑えることができます。
カビなどは有機物であれば全てのものについています。そのカビが繁殖するのは一定の条件をクリアした場合のみです。それは高温多湿の場合です。高温であっても湿度がなければカビの発生は抑えることができますので、換気によって、絶えず新鮮な乾いた空気を取り入れることでマイホームを長持ちさせることができます。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。