スポンサードリンク

新築のマイホームにはフチなし便器を選んでみませんか

トイレはいつもキレイにしておきたい場所ですよね。しかし、トイレ掃除をした時に便器のフチを覗き込んだことがありますか。便器のフチは掃除がしにくい形状のものが非常に多いです。それは水流を作るために今までは便器のフチに溝を作らないといけなかったためです。そのため手鏡などで便器のフチの裏をチェックしたら、見なかったほうがよかったと思うくらい汚れていることに気づいてしまいます。便器の汚れの原因は【水あか】【カビ】【排泄物】です。便器のフチは掃除がいづらい形状のため、毎日掃除をしていてもどうしても汚れが残ってしまいます。また、便器のフチはいつも見えない場所ですので便器の本体を掃除をしたら便器の全てがきれいになっていると勘違いしてしまいます。キレイ好きな奥さんでもまさか便器のフチが”こんなに汚れているなんて”と思ってしまうことでしょう。
そこで新築のマイホームを購入するときにはにフチのない便器にしてみませんか。フチなし便器便器のフチが滑らかな曲線を描いていて、トイレ掃除用のブラシが直接当たります。そのために便器のフチの汚れを簡単に掃除することができます。また、フチなし便器は簡単に掃除ができるために、力を入れてゴシゴシこすらなくてもいいです。汚れがつきにくいフチなし便器はトイレ掃除用ブラシはたまに使用する程度にして、トイレクリーナーの紙でさっと拭くだけで汚れが落ちます。また、【セフォンテクト】を使用した便器は【ナノテクロノジー】技術を用いた防汚技術採用の便器ですので、便器の表面を100万分の1ミリ精度でつるつるに仕上げていますので、汚れがつきにくい構造になってます。トイレはいつでもキレイにしていたい場所ですので、トイレの便器はフチなしにして見ませんか。

iPodをお風呂でも

音楽好きな人はお風呂でも音楽を聞いていたいと思うのではないでしょうか。しかし、防水ラジカセや防水ラジオでは自分の好みの温室をえることができずにただ単に音楽やラジオを聞いているだけで物足りなさを感じてしまうはず。
そこでお風呂でも大好きな音楽を心置きなく聴くことできるシステムバス、ヤマハリビングテックのビュートEGを紹介します。
ヤマハリビングテックのビュートEGは音響メーカーであるヤマハの音楽へのこだわりをシステムバスにまで取り入れた秀作といえるシステムバスです。
ヤマハリビングテックのビュートEGで使われている音響システムは【サウンドシャワー】呼ばれるシステムでビュートEGには標準装備されているサウンドシステムです。
ビュートEGはipodをはじめCDプレーヤーMDプレーヤーmp3プレーヤーなど様々なオーディオプレーヤーを再生可能です。このことにより自分好みの音楽をお風呂に入りながら存分に満喫できるのです。
疲れを癒すにはヒーリング音楽を聴くのもよいでしょう。また、お風呂の音響効果を利用して自分だけのカラオケルームとして活用してもよいのではないでしょうか。
今やお風呂は体を洗うだけの場所ではなく心も癒せる空間に変化してきています。

健康住宅には家具にも注意が必要

せっかく購入する住宅ですから有機溶剤などを用いない健康住宅に住みたいと思う人も多いのではないでしょうか。このようなことから最近健康住宅(ノンホルマリン接着剤を使用した建材で建てた住宅など)が増えてきています。健康住宅を建てるときには施工時に細心の注意を払って、F☆☆☆☆基準の合板やその他建材を使用し接着剤なども健康住宅用のものを使用しています。
これだけのことをした健康住宅を建築会社より引き渡された後になぜかシックハウス症候群にかかる人がいるそうです。住宅自体からは有害物質が出るはずがないのにシックハウス症候群にかかるとはどうしてなのか。
その原因として考えられるのが生活を始めるために購入した家具類にある場合があります。健康家具と呼ばれる健康住宅と同じような基準で製作された家具であればまず有害物質の飛散はありませんが、有機溶剤を大量に使用した家具類などを使用した場合にはやはり住宅内にホルムアルデヒドなどの有害物質が充満してしまうことがあります。
このようなことがおこならないように健康住宅を購入したのであれば家具にまで気を使う必要があります。

珪藻土で健康住宅を手に入れよう

健康住宅で使用される壁仕上げ材のうち珪藻土があります。住宅で用いられる珪藻土とは植物性プランクトン(珪藻)が、長年にわたり海底や湖底に堆積して化石化した自然素材のことでこの珪藻土を粉にして水と混ぜて壁に塗りこんでいくのが珪藻土仕上げの壁です。
住宅で用いられる珪藻土は完全に天然素材であるため調合用に有機溶剤などの混ざった接着剤などを混入しないかぎり有害物質が発生することはありません。また、珪藻土には超微細の穴が存在するために吸湿、放湿を繰り返しながら、住宅の部屋の湿度を調整する機能を持っています。
しかし、住宅で用いられる珪藻土は天然素材であるために施工の難しさもあります。住宅で用いる珪藻土は基本的には2度塗り以上をする必要があり、最初の塗りで珪藻土を押し固めるように丁寧に鏝で抑える必要があります。その後の重ね塗りでは軽くフワッとした感覚で珪藻土塗るようにします。
あなたの住宅も健康素材である珪藻土を使用してみませんか。

ウォークインクローゼットで収納を楽しみましょう

あなたはウォークインクローゼットをご存知でしょうか。ウォークインクローゼットは昔でいう納戸のような感じで捉えてもらえばわかりやすいのではないでしょうか。しかし、ウォークインクローゼットと納戸はちょっと違います。ウォークインクローゼットの場合主に寝室に付随する部屋で洋服やたんすなどの衣服関係を主に収納するスペースと考えたほうがよいためです。ちなみに納戸とは物入として考えてよいのではないでしょうか。
それではなぜ新築住宅ウォークインクローゼットをお勧めするのか?
その答えはやはり収納の上手な活用法だからです。普通のクローゼットではどうしても物入れてきな使用しかしないために煩雑になってしまい、結局洋服などの収納がままならなくなってしまいます。せっかくパイプハンガーなどを取り付けてもほかの収納物があったのでは洋服をかけられなくなってしまうこともありえます。
ウォークインクローゼットの場合は部屋のような広さがあることから、洋服などを機能的に収納でき、とても効率のよい収納が可能となります。
あなたも新築マイホームを建てるときにはウォークインクローゼットを作って見ませんか。

オール電化住宅にしませんか

オール電化住宅が最近増えてきています。そこでオール電化住宅の魅力について紹介していきます。その前にオール電化とは一体何者なのかということを説明します。
旧来の住宅ではお風呂や台所の熱源はガスの利用をする家がほとんどだったのではないでしょうか。オール電化住宅ではガスをいっさい使わずに電力のみで家庭の熱源をまかなうのが目的とされています。
オール電化住宅にすると光熱費が上がるのでないかと心配する人も多いと思いますが、ガス利用の光熱費と比較した場合オール電化住宅にすることで家全体の光熱費を下げることが統計上わかっています。(使用方法によってはガス利用の場合のほうがお得な場合もあります)
なぜオール電化住宅にした場合光熱費が下がるのか?これには電気料金の違いが大きな要因となっています。一般家庭(オール電化ではない家)において電気料金は24時間一定料金なのですが、オール電化住宅では1日の電気料金が時間帯によって大きく異なっています。その中でも深夜料金と呼ばれる電気料金は昼間の電力費の約1/3程度で済んでしまいます。この安い電気料金でお湯を沸かしたり、洗濯、炊飯などの電力をたくさん使う作業をすることで電気代の節約になり、強いては光熱費のダウンにも繋がります。
あなたもマイホームを作るときはオール電化住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

住宅の断熱方法

最近の住宅断熱方法は内断熱工法から外断熱工法へと移行しつつあります。といっても、完全に外断熱工法に移行することはないと思いますが。
なぜ今、外断熱工法の住宅が増えてきたのでしょうか。その原因の一つが家全体を断熱材(発泡スチロール系の断熱材)で隙間なく囲むことにより高断熱住宅が簡単にできるということでしょう。もちろん窓などの開口部は断熱材で囲むことはできませんが、ペアガラス、と高気密サッシで、断熱効果を高めて高断熱仕様の住宅になっています。
断熱工法は従来行われてきた住宅の断熱工法です。内断熱工法は外壁面の壁の中にグラスウールやロックウール、その他断熱材を充填して、プラスターボードなどの内装材で挟み込む方式です。
断熱工法の断熱効果を低下させないためには壁内のコンセント部分などの切りかき部分もちゃんと断熱材を施工しなければならないということです。実際完全に断熱効果を求めることは難しいです。
断熱工法は外壁面の壁の中に断熱材を充填する必要がないため、コンセント部分の切りかきなどが発生しないため、気流の乱れが発生せず断熱効果を下げることがないことが最大のメリットといえます。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。