スポンサードリンク

マイホームをプレハブ工法で作りますか

住宅メーカーの住宅の構造には色々な工法があります。その中でもプレハブ工法と呼ばれる工法があります。プレハブ工法の住宅は工場であらかじめ箱(間仕切り)を作って現地で組み立てる工法の住宅です。
このプレハブ工法の住宅のメリットは工場で部屋の下地をほとんど作るために品質のばらつきが少なく品質管理に優れていることです。そのほかにプレハブ工法の住宅は現地ではほぼ組立作業とジョイント部分の内装の仕上げおよび外部の仕上げなどの工事をするだけなので工期が他の住宅の工法に比べて格段に早いということがいえます。なお最近の技術革新でプレハブ工法の住宅は耐震構造、免震構造に優れている点も見逃せません。
また、プレハブ工法の住宅は構造上準耐火構造と認められていることから、プレハブ工法の住宅は住宅ローンの借り入れも他の木造住宅などと比べて比較的優位であるといえます。
しかし、プレハブ工法の住宅のデメリットももちろんあります。そのひとつにプレハブ工法の住宅は設計の自由度が他の工法に比べて少ないということでしょう。プレハブ工法の住宅はある程度は間取りの自由が効きますが、完全にオーダーで作ることは不可能に近いでしょう。
住宅の工法は色々ありますがプレハブ工法の住宅つくりも検討してみてはいかがでしょうか。

リフォームか新築建替えか

今現在住んでいる住宅をリフォームするか新築建替えするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。若いころに作って、築30年くらいたったら建替えを考えることです。しかし、住み慣れた今までの住宅を壊すのもちょっと忍びないような気がします。
しかし、住宅も古くなると補修費用がかさみますし、高齢者対応住宅でないために段差が多かったり、階段が急勾配であったり、手すりの設置が難しい場合があります。
そうなってくると古い住宅に住み続けるのも何かと不便を生じるようになります。このことから、住宅のリフォームか新築建替えをする必要が出てきます。
住宅をリフォームするにしても全体的に解体してほぼ新築同様にする【新築そっくりさん】のようなリフォームにする方法もあります。
新築建替えの場合は親子での2世帯住宅への住宅建替えも選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

リフォーム前提の中古住宅購入

新築住宅を購入するときには注文住宅を選択すると自分の好きなレイアウトや設備類を選択することが可能となります。しかし、中古住宅を購入するときにはまず自分の理想の間取りや設備類が設置してあることはありません。
そのようなことから、リフォームすることを前提に中古住宅を購入してみてはいかがでしょうか。中古住宅の魅力はなんといっても新築住宅より格安に住宅を購入できることです。
その浮いたお金で中古住宅をリフォームしてみませんか。大掛かりなリフォームは中古住宅を安く買う意味がなくなりますので、必要最小限のリフォームをすることをお勧めします。
やはり、中古住宅で一番リフォームしたいのは内装のクロスの張替えでしょう。中古住宅の古くなった壁紙を新品にするだけでも住宅としての住み心地は格段に向上しますよ。

中古住宅を買うときは

マイホーム購入は何も新築住宅や分譲マンションを購入するだけではありません。中古住宅を購入することももちろんマイホーム購入になります。
しかし、中古住宅は築年数が新しいうちは良いですが、築10年以上を経過した住宅などは少なからず住宅内部が痛んでいたりします。また、外装部分もある程度劣化していることがあります。
そのようなことから、中古住宅を購入した場合ある程度の補修やリフォームが必要になってきます。
しかし、ある程度のリフォームは中古住宅を販売している不動産屋さんが行うことが多いため中古住宅を購入した人がリフォームすることは少ないかもしれません。
中古住宅を購入するときは住宅内部や外装部分を十分チェックしてから購入するようにしましょう。

住宅作りは神経質にならないで

新築住宅というのは一生に1度作れるかどうかという人が多いのではないでしょうか。それも多額の住宅ローンを組んで住宅を作る人も多いはずです。
そのため新築住宅工事となると神経質になる人が多くなってしまうのも仕方ないことでしょう。せっかくの新築住宅を欠陥住宅にしてもらっては一生悔やんでしまいます。
そのようなことにならないようにあまり知識もないのに住宅の工事現場に行ってちょっと仕入れた情報で職人さんや現場監督を困らせてしまう人もいるそうです。
しかし、住宅メーカーや工務店などは住宅保証制度や建築基準法に則って住宅を施工しますのでよほどの悪徳業者でない限り欠陥住宅を作ることはありえません。
また、そのような会社を施主であるあなたが選ぶわけがありません。
このようなことからある程度は会社や現場の職人さんに住宅つくりは一任して新築住宅工事であまり神経質にならないようにしましょう。そのほうが良い住宅を手に入れることが出来ると思います。

住宅を商品と捉えないで

ハウスメーカーの場合住宅を商品として捉えている会社が多いように感じます。確かに住宅は購入するものですから商品になるのですが住宅が商品というのは何かしっくりきません。
住宅を商品と考えるのは住宅を単なるものとして捉えているからでしょう。
住宅というのは住み手にしてみれば安らぎを求める居住空間でありますので、安易に商品と呼ぶのはちょっと違うような気がします。住宅にはある意味魂がこもっていると思います。
この魂というのは住宅会社の施工側の思い入れや施主であるあなたの思い入れなどです。またこれから共に暮らしていく住宅は商品という感覚ではなくもっと大切な何かだと思います。
住宅を大切に思うのであれば商品として住宅を見るのは避けたいものです。

住宅メーカーの価格の差

住宅メーカー住宅にはある程度設定された価格帯というのがあります。同じ仕様の住宅というのは同じ住宅メーカー出なければありえませんが、似たような仕様の住宅というのはあります。
このときに住宅メーカーごとに価格の違いが発生します。この価格の差は何を意味するのでしょうか。住宅の価格というのはある意味水物です。住宅の価格は流動的で買い手市場になればなるほど住宅の価格は下がっていきます。
また、住宅の価格は会社経費や流通コストなどにより住宅の価格は変動します。
そのほかに住宅メーカーは住宅の構造の違いによっても価格は大きく変わってきますし、使用している材料や設備によっても住宅の価格は違ってきます。
一概に住宅の価格が高いから営業努力が足りないということではありませんので、住宅を購入するときには住宅の価格だけで選択しないようにくれぐれも注意してください。

同じ仕様なら好きな住宅メーカーを選びましょう

住宅を選ぶときさまざまなハウスメーカーを検討することと思います。ハウスメーカーごとに住宅の仕様が違いまた、住宅の値段もさまざまです。しかし、間取りや外観などにあまりこだわりが無い場合どこの住宅メーカーであっても住宅の仕様にそれほど変わりは無いです。
そこで、同じような仕様の住宅であれば自分の好みのハウスメーカーや建築会社を選択するようにしたほうが良いでしょう。この自分の好きな住宅メーカーというのは住宅メーカーのネームバリューであったり、信頼できる住宅メーカーであったり、住宅メーカーの営業マンの人当たりのよさだったりするでしょう。
住宅を購入したら住宅の経年劣化による補修や住宅の増改築などを行うため住宅を購入した住宅メーカーと一生付き合う気持ちで住宅メーカーを選択するようにしましょう。

健康住宅には虫がでます

あなたのほしい新築住宅のコンセプトは何ですか。ただ単に新築住宅がほしいというわけではないと思います。
住宅へのこだわりは人それぞれでしょう。たとえばローコスト住宅がほしい人。コストはどれだけかかってもとにかく良い住宅がほしい人。見た目が斬新で人の注目を集める住宅など。本当に住宅へのこだわりについては数え切れないほどあると思います。
しかし、健康住宅にこだわる人はどれだけいるでしょうか。もともとアレルギー体質の人や子供には健康に育ってほしいと切に望む人以外はあまり健康住宅について感心がないのではないでしょうか。
健康住宅とは住宅に用いる材料をほとんど天然素材のものを使用し、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの有害物質の発生をなくした住宅のことです。
しかし健康住宅は有害物質を使用しないために人に優しい反面、害虫に対しても殺虫効果などを望むことは出来ません。このようななことから健康住宅においてはゴキブリなどの害虫が発生することは仕方ないということを頭の中に入れておいてください。

ピン工法で用いられる金物

ピン工法で用いられる金物には梁を受ける(仕口)金物と柱を挿入する金物(ほぞ)の2種類があります。ピン工法の金物の大きさは材料の大きさや柱の長さによって違います。
ピン工法の特徴であるピンは約直径1cm×長さ10cmの大きさでドリフトピンと呼ばれる金属です。またピン工法で用いられる木材は完全な乾燥剤を使用しており、縮みなどの経年変化がほとんど見られない材料を使用していますので、金物の抜け落ちや緩みなどの心配はありません。
梁の仕口に前もって所定の位置にドリフトピンをうちこんでおき上から材料を落とし込む際にピンが金具のあご部分で留まり、落下を防止します。最後に固定用のドリフトピンを打ち込んで完了。これで在来軸組工法で用いている羽子板ボルトの代わりを果たします。
ピン工法住宅の作りは簡単ですが従来の木造住宅のつくりを生かしながらなおかつ強固なつくりの住宅つくりが可能となったのがピン工法の特徴といえます。

ピン工法の住宅

木造住宅で最近多くなってきたのがピン工法の住宅です。まだ在来工法が主流の木造軸組み工法ですが、ピン工法は在来工法に比べて材料の加工が簡単にできることと金物による完全な締め付けができるために精度の高い仕上がりが可能となっています。
また、ピン工法は囲う部分の欠損が少なく構造上強固なつくりが可能となることによりピン工法住宅は集成材などの欠損を嫌う材料にはもってこいの工法ということができます。
ピン工法住宅は組み立て方法は構造材にあらかじめ取り付けた金物に材料を挿入もしくはかみ合わせて約直径1cm×長さ10cmのピンを挿入することで材料同士の締結が可能となります。
柱の場合はほぞ用の金物(丸い直径3cmの棒)に柱を差込、挿入完了後にピンを挿入することで固定します。
このように組上げられたピン工法住宅は高い組み立て精度を誇っています。また、地震による構造材の抜けなどにも対応しています。

注文住宅のよさ

あなたはマイホームを買うときは注文住宅を選びますか。それとも建売住宅を選びますか。どちらの住宅購入にもメリット、デメリットがもちろんあります。しかし、一生すむであろうマイホームは金額面においても最良の住宅を選ぶ必要があるのではないでしょうか。
そこで、今回は注文住宅のメリットと、デメリットについて紹介していきます。
注文住宅は名前の通り自分の理想のマイホームを間取りから設計していく住宅のことです。ハウスメーカーなどではあらかじめキープラン(基本プラン)の住宅がありますが、自分の理想の家にするために、間仕切り、設備類、内装にいたるまで、変更していくことができます。
しかし、注文住宅はハウスメーカーなどではキープランからすると追加オプションの形をとられることがあり、追加料金がはっせいしてしまうことも頭に入れておかなければなりません。
このようなメリット、デメリットを上手に使い分けて理想のマイホームを手に入れるのが、注文住宅購入の醍醐味でもあります。

住宅の設計について

あなたはどのような住宅を設計しますか。間取りを決めるのは簡単なようでとても難しい作業であることを一度住宅の設計を経験した人は痛いほどわかっていると思います。初めてマイホームを立てようとする人はなおのことです。住宅の間取りの設計は設計に精通した人でも施主のニーズや家具や窓の配置などでも全然変わってきます。
有名設計士の作る家いわゆるデザイナーズハウスなどは建築家(設計士)の個性が現れるため実際その住宅で暮らす人のことなどあまり考えていない住宅が多いようです。たまには施主の意向を充分踏まえた住宅もありますが、設計士のプランした住宅は建築家の作品と考えたほうが無難です。たとえば有名な服のデザイナーの服を買うようなものです。あなたの意見など入れる余地はありません。
ハウスメーカーなどでも注文住宅を売りにしているような会社であっても住宅の基本プランが実際にはあり、間取り変更などをすると追加料金が発生することも珍しくありません。
住宅の設計(間取り)をする時にはよーく考えて建設会社を選ぶ必要があります。

内装へのこだわり

マイホームを建てる時にあなたは何に重点をおきますか。たとえば派手な外観の住宅がいい人もいるでしょう。または、純和風の建築にこだわりのある人もいることでしょう。そのほかに内部のつくりにこだわる人ももちろんいるはずです。住宅へのこだわりは十人十色であるはずです。そこで、今回は内装へのこだわりについて書いていきます。
住宅の内装というというのは要は部屋内部の仕上がりのことです。最近の家はプラスターボードにビニールクロス貼りの壁天井にフローリングの床、既製品のドアや、額縁といったつくりが多いです。たまにこだわりのある家で木材などを化粧材として、仕上がりとして見えるところに使う家や、健康住宅で漆喰塗りの壁の家などもあったりします。
しかし、こだわりのある家というのは必然的にコストも上昇してしまいます。先に述べたビニールクロスを用いた住宅はクロスの質にもよりますが、ある程度低コストの予算ですみます。
住宅を作るときはコストを取るかこだわりをとるか難しいところですが、1部屋くらいはこだわりのある内装で住宅を作ってみたいものです。く

ベストハウスを作りましょう

マイホームを作るなら、やはり最良の家=ベストハウスを作るように心がけたいものです。しかし、何が最良の家なのか実際のところは住む人の感性によって随分と左右されることでしょう。大金をかけて造った家がベストハウスかというとそのようなことは決してありません。確かに材料にこだわりをもって、有名な設計士に住宅の設計を頼めば良い家は造れるかもしれませんが、一生暮らすのに適した家かどうかは別問題です。
ベルサイユ宮殿や、日本のお城のような家に住みたい人もいるかもしれませんが、もし、そのような家に住むことができたとしても実際必要な部屋というのは2,3部屋くらいだと思います。
それならば、その2,3部屋を最良のつくりにすることでベストハウスを作ることが可能となるのではないでしょうか。
通常普通の住宅であれば3LDKから5LDKくらいだと思います。3LDKで部屋は6部屋+トイレ、洗面所、お風呂で9つの部屋と玄関ルームがあるわけです。自分が必要と思う部屋にお金をかけてこだわればベストハウスはできるのではないでしょうか。

ハウスメーカーを選んだあとに

マイホームを購入するときにあなたはどこのハウスメーカーを選びますか。ハウスメーカーはたくさんの会社があり、どのハウスメーカーも特色というか売りがあります。ローコスト住宅をうたっているハウスメーカーや、耐震、免震機能を売りにしているハウスメーカー、収納面に特化したハウスメーカーなど様々な特色を出しています。
しかし、マイホームを購入するときにハウスメーカーを選ぶ最大の理由は機能やコストだけではないでしょう。
では何を基準にハウスメーカーを選択するのでしょうか。
やはり最終的には営業マンや会社の雰囲気が決め手になるのではないでしょうか。マイホームは生涯で1度しか購入できないのが普通です。その大事なマイホームを購入するのですから、やはり、信頼のおけるハウスメーカーを選ぶのは至極当たり前のことではないでしょうか。マイホームは買ったときがハウスメーカーとの付き合いの始まりと思ってハウスメーカーを選ぶことが大事です。間違ってもマイホームを購入したらハウスメーカーとの縁がなくなることがないようにしなければ安心して今後暮らしていくことはできません。

モデルハウスを見てみませんか

ハウスメーカーはどこの都道府県であっても住宅展示場を持っていることが多いようです。そこで、ハウスメーカーの住宅展示場のモデルハウスを見学に行ってみませんか。
夢のマイホームを建てたいけれど、どのような間取りや外観にしたいか素人ではなかなか想像できないものです。そこで、ハウスメーカーの住宅展示場のモデルハウスを見学することで理想の住宅をイメージングしやすくなります。
しかしハウスメーカーの住宅展示場に行ったときの注意点もあります。
まず、住宅展示場のモデルハウスはハウスメーカーの一番良いところを宣伝用にしているため、通常の設定よりも良い設備が設置されていることが多いものです。また、家具調度品まで置かれているため、実際に自分が住宅を建てた時とはまず違う設備内容であることを頭に入れておかなければなりません。
また、住宅展示場には営業スタッフが必ずいますが相手はセールスのプロです。その場で住宅購入を即決することはやめましょう。まずは自分の欲しい住宅のイメージつくりのために住宅展示場へは行くつもりでいてください。
もし、自分の理想の住宅があった場合でも他のモデルハウスや建築会社なども検討することをお勧めします。

住宅とハウスメーカー

ハウスメーカーを選ぶ理由は何でしょう。まず考えられるのはネームバリューがあるのではないでしょうか。一生住むであろう住宅を名前の知らない会社では信用置けないという人はまずハウスメーカーを選ぶでしょう。
また、ハウスメーカーの住宅は性能、仕上がりなどにばらつきが少なく、安心して住宅つくりを任せられるところもメリットの一つでしょう。
しかし、ハウスメーカーもたくさんの会社がありどこのハウスメーカーを選ぶかは住宅を建てる人の判断に任せるところが大きいことでしょう。
ハウスメーカーの住宅はハウスメーカーごとに特色があり、一概にどのハウスメーカーの住宅が良いというのは言えないのが実際のところです。
そこで、自分が求めている住宅とハウスメーカーの住宅を照らし合わせて、マッチしたハウスメーカーを選ぶことがまず間違いないハウスメーカーの選び方でしょう。
そのためには各ハウスメーカーの資料を取り寄せてどこのハウスメーカーの住宅が自分にマッチしているか探す必要があります。
しかし、最近では住宅情報誌や、インターネットの普及により概要ではありますが、ハウスメーカーの特色を知ることが容易になってきています。
住宅つくりはまず情報収集が第一です。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。