スポンサードリンク

タイベックシルバーの断熱効果

タイベックシルバーという断熱効果のある透湿防水シートがあります。

従来の、高気密・高断熱住宅であっても、熱は外装材から室内側まで伝わり、室内温度を上昇させていました。

しかし、タイベックシルバーにはアルミを透湿防水シートに蒸着することでは赤外線の反射率が高く、室内への赤外線放出量を低減させる効果があります。

このタイベックシルバーの断熱効果はグラスウール50mmと同等といわれています。

ということはタイベックシルバーを外壁面に張るだけでグラスウールを入れた状態をほぼ同じ状態を作り出すことが出来るというわけです。

また、タイベックシルバーには小屋裏用の透湿防水シートもあり、家を丸ごと断熱することが可能です。

もし、新築の一戸建て住宅を建てるのであればタイベックシルバーを家に張ることで省エネにも貢献することが出来るのではないでしょうか。

新築のマイホームに吹き抜けを設けませんか

理想のマイホームに吹き抜けのあるリビングを想像している人も多いのではないでしょうか。吹き抜けは横方向の広がりでは得られない縦方向の広がりによる開放感がなんといえない魅力の一つです。上部の圧迫感がないことから、気分も開放的になります。
また、吹き抜けを設けることで部屋自体をとても明るくさせることができます。吹き抜けにも色々あって、1階部分の吹き抜け、2階天井までの吹き抜けなどです。また、吹き抜けのある部屋は天井の形状を勾配天井にすることでなお一層天井を高くとることが可能となります。勾配天井は屋根の形状に合わせて設けることが多いために屋根よりすこし下げたくらいの高さまで天井を設けることが出来るのです。
しかし、吹き抜けにも欠点があります。それは冷暖房が効きにくくなるということです。冷暖房は部屋の面積じゃなくて、体積で計算しなくてはなりません。たとえば10畳用のエアコンを吹き抜けのある10畳のリビングではエアコンはあまり効きません。そのために倍とまでは言いませんが、冷暖房の能力の高いエアコンを選ぶ必要があります。
しかし、吹き抜けがあっても冷暖房の効きをよくする工法があります。それは高気密高断熱の住宅にすることです。高気密工断熱の住宅は大げさな話1台のエアコンで家全体の空調を管理することが可能となります。高気密・高断熱工法の住宅は外部からの熱源をシャットアウトするために必要最小限のエアコン能力で良いのです。
このことから吹き抜けを設けるときには高気密高断熱住宅で住宅を作ることをお勧めします。

玄関横の収納スペース

玄関土間のスペースは大体畳1枚(0.5坪)くらいの空間が普通ではないでしょうか。しかし、これだけのスペースでは家族が多くなれば靴であふれかえってしまうことが目に見えています。
畳1枚分のスペースのある玄関土間ならまだましですが、畳半畳分のスペースしかない玄関土間も合ったりします。このような狭い玄関スペースでは玄関をキレイにかたづけましょうということ自体無理があります。
ですので、新築住宅を建てるときには玄関の土間を少し広く取ってみませんか。そして、玄関横に階段を設けるときにはその下に玄関収納を作りませんか。
玄関収納は靴などを収めるだけではなく、部屋の中に収めきれないものなど(ゴルフバックや釣り道具など)を収める収納スペースとして活用するのにもってこいです。この玄関横の収納は床を張らずに玄関土間の延長上でタイル仕上げもしくはモルタルの鏝押さえで仕上げれば多少濡れても問題ありません。
玄関はキレイにしておかなければよい【気】の流れを得ることは出来ません。このことから、玄関収納を設けて玄関をキレイにすることを徹底してみませんか。

床上げした和室

最近の住宅の間取りは実に様々な様式があります。その一つに床上げした和室があります。床上げした和室はリビングなどに付随した和室などに良く見られます。
リビングに和室を設けた場合はフラットに和室を設けるかいっそのこと30cmくらいリビングの床から上がった場所に和室を設けることが多いです。
和室を別途設ければ従来のように障子や建具で仕切ることはできるのですが、リビングの延長上に和室を設ける場合間仕切壁を設けないことが定石です。
このときに床上げした和室は完全にリビングの床から隔離されていることでリビングにいながら和室にもいるような感覚を味わうことができます。また、床上げした場所に引き出しを設けることで床下収納を確保することができます。
床上げした和室は立ち上がり部分を椅子のような感じで使用することができますので、リビングにソファーなどをおかずにそのまま床上げした和室に座ることもできます。
このように今までの常識を覆すような間取りの住宅が今後増えていくことでしょう。

南洋材の利用と枯渇問題

住宅に用いられる木材は様々な国から輸入されています。その中で南洋材と呼ばれる東南アジア諸国から輸入される木材があります。以前はラワンなどが日本の商社によって買い占められて森林破壊につながった経緯があります。
ラワンはとても加工しやすく枠材などに多く流通されていましたが、現在では以前ほど流通していないために使用される量が少なくなりました。
その他に南洋材として有名なのがホワイトセラヤ、メラピ、アガチスなどがあります。南洋材は全体的に目が粗いのが特徴です。そのために素地として使用するよりはペンキ塗りやニスなどで仕上げた場合にとてもキレイな仕上がりとなります。また、敷居などには以前は南洋桜など硬い木材を使用したりもしていました。
南洋材全般に輸出規制がしかれることが懸念されます。木材は天然資源ですので有効に使い、今後も木材を供給してもらうために植林などの森林再生を行う必要があるのではないでしょうか。

木の浴槽でリラックスタイム

よく高級旅館などで檜のお風呂などがテレビで紹介されていたりしますよね。檜風呂は檜から出る香りと檜の湯船の肌触りがよいことから昔から人気のある良くそうだといえます。
しかし、お風呂浴槽に一番適している日本の木材はなんといってもコウヤマキという木材です。
コウヤマキは名前の通り高野山などが主な産地の木材でとても希少価値が高い木材といえます。しかし、コウヤマキの耐久性に優れ、耐水湿性、耐朽性においては特に優れています。
このことからコウヤマキを使用した湯船は最高のお風呂になるといえます。また、コウヤマキの厚板を使った浴槽はお湯を入れて半日近くさめることがないといわれるほど保温性に優れている点も見逃せません。
実際問題、これらの浴槽を一般住宅に用いることは先ずないでしょうが、もし、浴室にこだわりのある人なら木の浴槽も新築住宅に採用することを検討してみてはいかがでしょうか。

住宅解体について

住宅の建替えを行ったり、住宅を壊して住宅地を更地にする場合どうしても住宅解体を行わなければなりません。
住宅解体は専門の住宅解体業者が存在しますので、住宅メーカーなどに住宅解体を依頼すると住宅解体業者が住宅を解体します。
廃棄物の分別が今のように細かく分かれていなかった時代は住宅解体といえば重機を用いて大胆に住宅を解体していました。そのために住宅解体にかかる日数も短くて住みましたが、現在の住宅解体は先ず内装材を解体してから、外部の解体に入っていくために日数と解体費用も以前に比べると高くなっています。
特にプラスターボードなどが含まれている場合はどうしても廃棄物処理費用が高くなってしまいます。
新築住宅への建替えの時は住宅の解体費用もちゃんと計上しておきましょう。

内装下地材について

現在の住宅において、内装仕上げ材のほとんどはクロス貼りによるものが多いのではないでしょうか。そのために住宅では多くのプラスターボードを使用するようになりました。住宅工事で用いるプラスターボードは切ったり削ったりする加工性がとてもよいのが特徴の一つです。
また、住宅建材のプラスターボードは石膏を使用しているため、時間がたつと硬くなる性質もあります。そのほかに住宅の内装下地材にはプラスターボードだけではなくラスボードと呼ばれるモルタルや漆喰を塗るためのボードや合板などがあります。
ここで住宅の内装下地に合板を使うときの注意点があります。合板は木材であるため、耐火性が望めません。そのためにキッチンなどでは使用することが出来ません。また、健康素材の和紙のようなクロスの場合合板からでるアクや微量に発散する有機溶剤などによって赤く染まってしまうことがあります。
このようなことから、住宅の内装下地に用いる合板などはなるべく裏板として、プラスターボードの下に隠れるように施工するほうが無難といえます。

無垢材の良さと欠点

住宅に用いる無垢の木材はなんともいえない雰囲気をかもし出してくれますよね。新建材のフローリングなどではどうしても見た目は統一感があり整然とした印象があるのですが、変化が少なくちょっと遊び心にかける点が気になります。
しかし、無垢の木材は似たような柄のものはありますが、同じものは2つとない希少価値が部屋全体の雰囲気を高級なイメージにしてくれます。また、無垢材の肌触りは突き板の建材などと違い木材独特の柔らかな風合いがあります。
このように住む人間にとても優しい無垢材の建材ですが、もちろん欠点もあります。それは板自体の変形が起こりやすいということです。木材は湿気によって収縮を繰り返します。このことから、無垢材は湿度が高い場合膨張し、湿度が低い場合には収縮します。このことにより、フローリングなどは目地がすいたり逆に反りあがったりします。
これらの欠点を無垢材の特徴だと思って使用することが出来るなら、無垢材のよさを十分に引き出すことが出来ます。もし、無垢材のフローリングなどを使用するときにはこれらの欠点も十分理解して使用してください。

住宅購入に必要となる費用

住宅購入には住宅本体価格のほかにさまざまな費用が必要となります。俗にいう諸経費というやつです。この諸経費は一概にいくらということが出来ないため、住宅購入金額ぎりぎりで住宅を購入することは絶対にしてはいけません。
それでは住宅購入時に必要となる諸経費について紹介しましょう。
まず、諸経費の中で住宅ローンに関する費用として事務手数料、団体信用生命保険料、ローン保険料などが必要となります。また、住宅取得に関する税金や火災保険料、司法書士への報酬などが必要となります。
また、住宅本体価格以外にも住宅建築に関する費用が必要となります。この費用の中には上下水道管本管への接続工事費用や、外構工事費、照明器具、空調機器、家具類、カーテン費用や住宅のオプション追加料金などがあります。住宅本体価格だけで住宅は購入できないことをちゃんと認識しておきましょう。

住宅購入に伴う税金の種類

住宅を購入したらもちろんですが税金がかかってしまいます。住宅購入に関する税金について簡単に説明しますので参考にしてみてください。
まず住宅購入の契約をハウスメーカーや工務店と結んだときに必要となる税金があります。これは税金という認識は少ないかもしれませんが、収入印紙税と住宅の登記に必要となる登記免許税です。契約書に貼り付ける収入印紙の値段は契約する住宅の金額のよって変動します。大体住宅購入金額が一番多いと思われる1000万円〜5000万円の値段の住宅の収入印紙税は2万円となってます。登記免許税は固定資産税評価額に応じて税額が変動します。
そのほかに住宅を取得したらかかる税金には不動産取得税、固定資産税、都市計画税(地域によってはこの税金はかかりません)などがかかってきます。住宅を購入するとこれらの税金を必ず納税しなければなりません。しかしこれらの住宅取得に関する税金も特例措置などがあったりしますのでよく確認して支払うようにしましょう。

ピン工法金物と在来工法金物との違い

木造住宅のうち在来工法で用いられる構造用金物は主に羽子板ボルト、片引きボルト、両引きボルト、ホールダウン金物の4種類でしょう。これに比べてピン工法で用いられる金物は梁受け金物と柱受け金物の2種類です。
ピン工法の梁受け金物は在来軸組工法での仕口にあたる部分を金物に転化しているために材料の欠損が少なく材料の強度低下を防ぐことができます。また、柱受けようの金物も直径3cmくらいで管柱の場合約10cmの高さで通し柱の場合約30cmの長さの金物となってます。柱受け金物のうち通し柱用と強度を必要とする柱には土台から締結した金物を使用することで強度を得ることが可能となってます。引っ張り力に関してはホールダウン金物よりも高いといえます。
ピン工法の梁受け金物においても羽子板ボルトのようにボルト自体を引っ張って材料を引き寄せるのではなく金物自体にすべり加工を施していることでピンを差し込むと自然と梁を引き寄せる仕組みとなってます。
ピン工法の金物強度的にも優れており在来軸組工法の金物よりも強固なつくりとなっています。

サッシには雨戸かシャッターか

最近の住宅のサッシには雨戸が少なくなってきました。雨戸からシャッターへ完全移行しているような感じです。新築住宅で雨戸の家ももちろんあるのですが、全体的なシェアでいうとどうしてもシャッターが多くなってきています。
サッシが雨戸からなぜシャッターに移行してきたか?その理由の一つは外観の見た目でしょう。雨戸の場合どうしても古いイメージがあります。シャッターの場合はサッシ上部のシャッターボックスに格納されますのでサッシ周りがすっきりします。
しかし、シャッターの場合大きな窓になった場合どうしても強度不足が心配になってしまいます。2間窓(3.6mスパンの窓)などはどうしてもシャッターでは台風時などの強風が吹いたときには心配になってしまいます。
確かに強風仕様のシャッターもありますが、オプション設定となっているためコストがあがってしまうというデメリットもあります。
やはり、台風などの強風が吹くときにはシャッターよりも雨戸のほうが安心感があるのも事実でしょう。

切妻屋根の軽快さ

住宅屋根にはいろいろな形があります。その中でもすっきりとしていてどのような外観の住宅にもマッチするのが切妻屋根ではないでしょうか。切妻屋根は基本的に屋根の中心から山折に傾斜のついた形状の屋根です。
切妻屋根はシンプルな形状のためとても軽やかに見え住宅自体のさわやかさを演出します。また、雨水などがたまる場所がないため雨漏れにも強い形状の屋根といえます。
そのほかに切妻屋根は複雑な形状の屋根(寄棟屋根や、入母屋屋根など)に比べてシンプルな形状なことから、施工コストが安く済むのも魅力のひとつです。
また、切妻屋根は小屋裏スペースが広く取れるのも魅力のひとつです。高さ1.4m未満は床面積に入りませんのでちょっとした収納スペースもとりやすいです。
そんな切妻屋根ですが、しいて欠点を言うならば妻側(正面から見て三角形の壁面)の軒天は台風などのとき雨水の浸入がおきやすい箇所ですので、コーキングの施工や換気口などの設置には最新の注意が必要です。

基礎パッキンの効き目

基礎パッキンとは家の土台部分と基礎の上部との間に設けるパッキンのことです。この基礎パッキンは最近の住宅で数多く採用されています。以前は床下換気口と呼ばれる基礎部分の開口部からの換気がほとんどでしたが、どうしても床下換気口部分の応力集中によるひび割れが発生してしまっていました。
この床下換気口部分のひび割れは見た目の悪さだけではなくやはり、基礎の強度の低下にもつながることから、地震などへの耐久性も低下してしまいます。
このようなことから基礎パッキンの普及が浸透したのでしょう。最近では基礎パッキンを基礎面すべてに配置する基礎パッキンの全面施工式が増えてきています。
この全面施工の基礎パッキンはすべての面に空気が流れるように開口が施されていることから、満遍なく床下を換気することが可能となってます。今後も基礎パッキンは進化していくことでしょう。

庇のある家

最近の住宅ではあまり(ひさし)を付けなくなってきましたよね。以前の住宅はサッシの上には大体がついていたのが当たり前でしたが、最近ではがなくなってきました。
なぜサッシの上にを付けなくなったのでしょう。その一つの理由はサッシの雨戸がシャッターになったことが上げられるのではないでしょうか。全てのサッシの雨戸がシャッターになったとは言いませんがやはり、シャッター付きサッシが多くなりました。
ではなぜシャッターつきのサッシにはをつけなくなったのでしょうか。その理由の一つはサッシとの間があきすぎることが考えられます。また、意匠上(デザイン)あまりよくありません。
しかし、は横殴りの雨でない限り窓からの雨よけにはとても都合の良いものです。また、ちょっとした、日よけにもなります。はどちらかというと和風建築にあうため最近の洋風な建物にはちょっと似合わないのかも知れませんが、のメリットを考えると取り付けても良いのではないかと思います。

住宅の外観スタイル

住宅の外観を決定的に変えてしまうのはやはりスタイルでしょう。住宅のスタイルといった場合【和風】【洋風】【和洋折衷】の3種類に大別することができます。
【和風住宅】というのは和風瓦屋根のいかにも日本の住宅というようなつくりの住宅を指します。この【和風住宅】は落ち着いた感じのちょっといぶし銀的な感じの住宅に仕上がります
【洋風住宅】というのはヨーロッパやアメリカの住宅をイメージしたような住宅です。この【洋風住宅】は輸入住宅などに多く見られる住宅ですが最近の住宅では一番多い形の住宅なのではないでしょうか。
【和洋折衷型住宅】というのは和風でありながら洋風の軽快さを取り入れたような住宅です。この【和洋折衷型住宅】は外観は一見和風にも感じますが、すっきりした感じで若い世代であっても気にいるのではないでしょうか。
そのほかにも【モダン和風住宅】とか【超個性派住宅】などもあります。
住宅のスタイルで住宅のイメージは全然変わってしまいます。まずどのような住宅のスタイルにするか決めてから住宅の設計をしていくことでまとまりのある住宅が出来上がります。

基礎パッキンの換気能力

木造住宅の場合、家本体が乗る部分に基礎といわれるコンクリートの壁があります。以前は基礎に換気口といって約20cm×40cm位の穴があいていました。現在でもこのような基礎の換気口(床下換気口)はありますが次第に減ってきています。
なぜ換気口が減ってきたのか?床下の換気はしなくてもよいのか?など思われる方もいると思いますがご心配なく。最近では基礎パッキンといわれる厚さ2cm位のプラスチック樹脂を基礎と家の土台の間に挟む方式が普及してきました。
基礎と土台の間に隙間ができることによって、家の床下全体の換気ができるのです。
基礎パッキンも様々な種類があり、基礎の上に全て乗るタイプの基礎パッキンもあります。この基礎パッキンは基礎パッキン自体に換気用の穴が設けられており、単体の基礎パッキン(長さ約20cm)より、地震等の揺れに対する対策が施されているようです。
しかしたった2cmの隙間で本当に床下の換気ができるのか不安になる人もいると思いますが、一度床下に入って確認してもらえば基礎パッキンにより床下換気ができていることを実感できるはずです。
一番良いのは高床式の住宅なのでしょうが、地震などの耐力面で少々不安がありますので基礎パッキンを使用した住宅が良いように思われます。

マイホームを購入する前に

あなたは夢のマイホームを作りたいのではないですか。しかし、今の給料やこれから先の生活のことを考えて家づくりを躊躇しているのではないでしょうか。
また、住宅を作る準備はできているけどどこのどのような住宅にするか検討中の人もいることでしょう。
日本は四季があり、また、南北に細長いことから気候風土も千差万別です。北の寒い地方で快適な住宅であっても南の地域でも快適な住宅であるかというと一概にそうではないでしょう。
高気密・高気密住宅は最近の住宅では珍しくなくなってきていますが、施工方法によっては快適なはずの高気密・高断熱住宅であっても住み図楽なってしまうこともあるのです。
また、ハウスメーカーで住宅を建てようとした時にも、名前だけでハウスメーカーを選んでしまって後悔することもあるでしょう。
家づくりというのはとてもデリケートなものです。しかし、マイホームを建てるときにあなたも参加することで住宅にたいする思い入れも入るはずです。
まずはどのような住宅が自分にあっているのかを見つけることから家づくりを始めることをお勧めします。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。