スポンサードリンク

外壁は光触媒のサイディングはいかがでしょう

マイホームは定期的に修繕しなければ長持ちしません。しかし、外壁や屋根などのメンテナンスや塗り替えを行うとなると結構な金額が必要となってしまいます。住宅の屋根や壁は10年周期で塗装の吹きつけをする必要があるのですが、実際問題そのように住宅をメンテナンスをすることは困難だと思います。10年といえばまだまだ住宅ローンが残っていることから、メンテナンス費用など捻出することが出来ないのが実情でしょう。
そこで、マイホームの外壁用サイディングの内光触媒のサイディングについて紹介したいと思います。
光触媒のサイディングは外装板を発売している各種メーカー(kmuw、inaxなど)から発売されている商品で最近注目を集めています。
光触媒のサイディングの優れた点というのはサイディングに付着した汚れを太陽光によって、化学反応を起こさせることによって汚れを分解するという点です。また、光触媒のサイディングは化学反応で分解された汚れが雨によって洗い流され、住宅は常時新築同様な壁面を維持してくれます。
また、光触媒のサイディングの表面の塗装面はセラミックコートしていることで紫外線による色褪せにも強いという性格を持ってます。
光触媒のサイディングは多少金額は高いですが住宅のメンテナンスを考えればお勧めの材料だといえます。新築住宅を建てるときには光触媒のサイディングを選んでみてはいかがでしょうか。きっと満足すると思いますよ。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/81099761
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。