スポンサードリンク

マイホームをプレハブ工法で作りますか

住宅メーカーの住宅の構造には色々な工法があります。その中でもプレハブ工法と呼ばれる工法があります。プレハブ工法の住宅は工場であらかじめ箱(間仕切り)を作って現地で組み立てる工法の住宅です。
このプレハブ工法の住宅のメリットは工場で部屋の下地をほとんど作るために品質のばらつきが少なく品質管理に優れていることです。そのほかにプレハブ工法の住宅は現地ではほぼ組立作業とジョイント部分の内装の仕上げおよび外部の仕上げなどの工事をするだけなので工期が他の住宅の工法に比べて格段に早いということがいえます。なお最近の技術革新でプレハブ工法の住宅は耐震構造、免震構造に優れている点も見逃せません。
また、プレハブ工法の住宅は構造上準耐火構造と認められていることから、プレハブ工法の住宅は住宅ローンの借り入れも他の木造住宅などと比べて比較的優位であるといえます。
しかし、プレハブ工法の住宅のデメリットももちろんあります。そのひとつにプレハブ工法の住宅は設計の自由度が他の工法に比べて少ないということでしょう。プレハブ工法の住宅はある程度は間取りの自由が効きますが、完全にオーダーで作ることは不可能に近いでしょう。
住宅の工法は色々ありますがプレハブ工法の住宅つくりも検討してみてはいかがでしょうか。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/80928550
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。