スポンサードリンク

杉のフローリング

日本にはというとても性格の良い木材が大量にあります。は木造住宅のほとんどの構造材や化粧材として用いられます。1等材は1等材のよさがあり、役物と呼ばれる化粧材には化粧材のよさがあります。
は柾目の場合まっすぐした木目と心材である赤見部分と辺材である白太のコントラスト(源平材)もすばらしいです。また、かんなを掛けた後は木材表面が光を反射してとてもキレイな仕上がりになります。
また、材はある程度柔らかくはだしでの板材を歩いても疲れることはありません。硬木のフローリングの場合クッション性が無いことから足の裏への負担は避けられません。
このようなことから、材のフローリングが健康住宅や自然派住宅を好む最近の施主に受け入れられて採用している住宅も多くなってきました。
板は年輪部分は他の部分よりも硬いために自然と他の部分が磨り減ってウズクリという状態になってきます。このウズクリは見た目に立体感が出てとてもデザイン性が良いです。
のフローリングは米ぬかを布の中に入れて磨くことでワックス効果を得ることができフローリングに艶を持たせるとともに長持ちさせることができます。
の柔らかな雰囲気をフローリングで獲得してみませんか。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。