スポンサードリンク

オール真壁の住宅

昔の日本の住宅において構造材はそのまま見えているのが当たり前でした。しかし、住宅内に隙間風の入らないように気密性の高さが要求されるようになってきてから住宅の内部の壁はほとんど大壁になり、天井はもちろんふさがれてかろうじて真壁と呼べるのは和室くらいになりました。
その真壁和室も最近の住宅においては少なくなってきました。
しかし、高気密・高断熱を可能にする外断熱工法を採用した住宅においては全ての柱、梁などを見せるオール真壁の住宅が可能なのではないでしょうか。
確かに内部の気密シートを貼ることは不可能に近いですが、外断熱工法によって外部に断熱材を打ち付けることで隙間風の進入を防ぎ、また、断熱材の断熱効果で住宅の保温性を高めることも可能でしょう。
外断熱工法を完全に生かすことが可能であれば高気密・高断熱を可能とした構造材を全て見せるオール真壁住宅を作ることが可能となるのではないでしょうか。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

神奈川県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 神奈川県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-04-27 12:04
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。