スポンサードリンク

木は二酸化炭素の貯蔵庫

木造住宅で使用される構造材はもちろん木材です。木は生きている間に木自身の養分として空気中の二酸化酸素を吸収して成長します。このことは小学生でも知っていることでしょう。
木は空気中の二酸化酸素を吸収することで地球温暖化の抑制にも寄与しているのです。このことから、無計画な森林伐採は地球温暖化を推進してしまうことになります。
木造住宅で使用される木材は燃やさない限り炭素をストックする役目もあります。このことで空気中に二酸化炭素量を無駄に排出することが無くなります。
しかし、これだけでは森林伐採はなくなりません。このことから、木材を伐採したらその分を植林すれば木が二酸化炭素を吸収し、炭素を固定化することで空気中の二酸化炭素量を減らすことが可能となります。
また、木造住宅の木材のリサイクルを行うことで木の炭素分を空気中に排出させないで済み地球温暖化を少しでも防ぐことができます。これからは一度使用された木材も再利用する必要がありそうです。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。