スポンサードリンク

住宅に乾燥材を用いる理由

現在の住宅つくりにおいて住宅に用いる木材の乾燥度は非常に重要となってきています。高気密・高断熱住宅でなければある程度の水分を含有していても住宅竣工までには木材の含水率は低くなるものですが、完全に乾燥するまでには一定期間が必要となります。
以前の新築住宅では乾燥時期になるとパキ、パキと何かを折るような音が聞こえていました。これは木材が乾燥によってひびわれれことによって生じる音なのです。
最近の住宅では集成材の仕様や人工乾燥材の仕様が一般的になってきたために木材の含水率が高いことはあまりなくなりました。
しかし、グリーン材と呼ばれる未乾燥の木材を使用した場合には住宅竣工までに完全に乾燥することが無く柱部分などに柱から発生した水分によってカビが発生することがあります。
このような状態では木材自体が腐朽する恐れもありますので、大壁の柱などは特に乾燥した材料を使用する必要があります。
昔のような開放的な住宅つくりであれば未乾燥材であっても支障なかったのですが、現在の気密性の高い住宅では木材の品質管理も重要です。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/62734284
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。