スポンサードリンク

カウンター材の利用方

住宅の中でカウンター材は良く用いられます。その中でもキッチンカウンターの役割はキッチンの内部を見えなくする目隠しと、料理などを乗せるのを目的に使用されます。
もちろん使い方によってはちょっとした食事などはキッチンカウンターの上ですることも可能です。
そのようなキッチンカウンターは機能面はもちろん見た目の美しさも要求されます。そのためにカウンターに用いる材料には様々な種類があります。
一般的に良く用いられるのが集成材のカウンターです。この集成材のカウンターにも様々な種類があります。よく使われるカウンター用の木材にはタモ材、パイン材、ゴム材(ラバーウッド)の集成材があります。
これらの集成材は現場で加工することもありますが、カウンターが反ったりすることがあるために、工場で加工して塩化ビニルやメラミン樹脂を表面に塗布したポストフォームを用いることが多いようです。
カウンター材はキッチンだけではなく飾りだなやテーブルなどにも利用が可能です。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/61125186
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。