スポンサードリンク

梁に使われる材料

住宅、特に在来工法住宅では様々な木材を使用します。その中でもには強度が必要とされます。に用いられる木材は一般的に杉、米松、松、集成材などが用いられます。
もともと杉材は日本の住宅では昔から用いられていた材料なのですが、戦後大規模に植林を行った結果たくさんの杉林が日本中に点在している状態のために、杉材は安価に仕入れることができる材料になってます。(現在では採算ベースにならず手入れができていない杉林も多くあるそうです)
しかし杉材は自重でなえてしまい、時間とともにの中心が下がってしまう傾向があります。このことから、ロングスパンでを用いるときには強度のある米松や大断面集成材を使用することが多いようです。
在来工法では蟻など仕口を作るためにに欠損ができてしまうために、大断面集成材などは繊維が切断されることから、本来の強度を得ることは難しくなる傾向にありますが、杉材などよりは強度的には強いようです。
杉材は1等材(節あり材)であってもかんなを掛けるときれいに仕上がるために化粧材として【あらわし】で使用する住宅も増えているようです。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/60813150
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。