スポンサードリンク

杉材を使った住宅造り

住宅で使用される木材のうち一番良く使用されるのが材なのではないでしょうか。は日本の山で良く見かけられる木材です。ほとんどの材は植林された人工なのですが、はある程度成長が早く耐久性もあることから、昔からよく住宅用に使用されてきました。
柱材などはの間伐材(20年位)を使用することが多いようです。柱などは芯を持っているほうが耐久性があります。このことから、芯持ち材の柱をよく使用しますが、柱などは芯を持っていると割れが発生してしまいます。このことから、化粧で見せる柱には背割りを行い、見える面の割れを防ぐなどの方法がとられてきました。
また、の値段は20年くらい前から横ばい状態か安くなっている場合もあり、住宅全体にかかる木材費用は昔から比べると大分安くなってきています。
は住宅で使用する木材の中でもとても使用しやすい材料の一つです。このような材が今後も安定供給されることが日本の住宅建築を支えてくれることだといえます。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。