スポンサードリンク

リフォームか新築建替えか

今現在住んでいる住宅をリフォームするか新築建替えするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。若いころに作って、築30年くらいたったら建替えを考えることです。しかし、住み慣れた今までの住宅を壊すのもちょっと忍びないような気がします。
しかし、住宅も古くなると補修費用がかさみますし、高齢者対応住宅でないために段差が多かったり、階段が急勾配であったり、手すりの設置が難しい場合があります。
そうなってくると古い住宅に住み続けるのも何かと不便を生じるようになります。このことから、住宅のリフォームか新築建替えをする必要が出てきます。
住宅をリフォームするにしても全体的に解体してほぼ新築同様にする【新築そっくりさん】のようなリフォームにする方法もあります。
新築建替えの場合は親子での2世帯住宅への住宅建替えも選択肢に入れても良いのではないでしょうか。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。