スポンサードリンク

リフォームを考えた住宅作り

住宅のメンテナンスによる補修も大事ですが、住宅購入時より家族の要員が変化することも考えて新築住宅を購入する必要があります。
そうはいっても、新築住宅を建てるときはあまり先々のことまで考えて住宅を建てる人もあまりいないと思います。しかし、新築時には小さかった子供も10年もすると思春期に入り自分の部屋を持ちたくなることもあるでしょう。
また、親を引き取って暮らすことになるかもしれません。
そうなってから住宅を増改築(リフォーム)するのも金銭的に厳しいことが多いと思います。そのために住宅の補修費同様リフォーム用の資金も蓄えておく必要があります。
住宅をリフォームをするときにリフォームローンなども存在しますが、住宅ローンを支払っているときにリフォームローンの借り入れをした場合ローン費用だけでも結構な額になってしまいます。
このようなことから、住宅のリフォームを考慮して新築住宅の住宅ローンも無理のない借り入れを行いましょう。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。