スポンサードリンク

やがて老朽化する住宅

新築住宅を購入するときに住宅が老朽化することを考えて購入する人は少ないことでしょう。住宅の老朽化など先のことを考えるよりも暮らしやすい間取りや使いやすい設備類、キレイな外観などを重視するのが普通です。
しかし、住宅は間違いなく買ったときから老朽化が進んでいるのです。新築で購入して10年くらいは補修などはあまりないと思います。
また、このときに明らかに施工ミスであるような住宅は住宅を建てた住宅会社の責任において補修することが多いためにそれほど住宅のメンテナンスに気をつける人も少ないと思います。
しかし、住宅は築10年を過ぎたあたりから傷みが多くなってきます。そのために住宅ローンを組むときもできれば住宅の補修費用などを定期預金などに入れるような工夫が必要となると思います。
新築住宅を購入した場合、住宅の補修には多額の費用が発生する場合がありますので計画的に補修費用も捻出するようにしましょう。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。