スポンサードリンク

住宅を商品と捉えないで

ハウスメーカーの場合住宅を商品として捉えている会社が多いように感じます。確かに住宅は購入するものですから商品になるのですが住宅が商品というのは何かしっくりきません。
住宅を商品と考えるのは住宅を単なるものとして捉えているからでしょう。
住宅というのは住み手にしてみれば安らぎを求める居住空間でありますので、安易に商品と呼ぶのはちょっと違うような気がします。住宅にはある意味魂がこもっていると思います。
この魂というのは住宅会社の施工側の思い入れや施主であるあなたの思い入れなどです。またこれから共に暮らしていく住宅は商品という感覚ではなくもっと大切な何かだと思います。
住宅を大切に思うのであれば商品として住宅を見るのは避けたいものです。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/57553468
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。