スポンサードリンク

健康住宅には家具にも注意が必要

せっかく購入する住宅ですから有機溶剤などを用いない健康住宅に住みたいと思う人も多いのではないでしょうか。このようなことから最近健康住宅(ノンホルマリン接着剤を使用した建材で建てた住宅など)が増えてきています。健康住宅を建てるときには施工時に細心の注意を払って、F☆☆☆☆基準の合板やその他建材を使用し接着剤なども健康住宅用のものを使用しています。
これだけのことをした健康住宅を建築会社より引き渡された後になぜかシックハウス症候群にかかる人がいるそうです。住宅自体からは有害物質が出るはずがないのにシックハウス症候群にかかるとはどうしてなのか。
その原因として考えられるのが生活を始めるために購入した家具類にある場合があります。健康家具と呼ばれる健康住宅と同じような基準で製作された家具であればまず有害物質の飛散はありませんが、有機溶剤を大量に使用した家具類などを使用した場合にはやはり住宅内にホルムアルデヒドなどの有害物質が充満してしまうことがあります。
このようなことがおこならないように健康住宅を購入したのであれば家具にまで気を使う必要があります。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/56816523
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。