スポンサードリンク

無垢材の良さと欠点

住宅に用いる無垢の木材はなんともいえない雰囲気をかもし出してくれますよね。新建材のフローリングなどではどうしても見た目は統一感があり整然とした印象があるのですが、変化が少なくちょっと遊び心にかける点が気になります。
しかし、無垢の木材は似たような柄のものはありますが、同じものは2つとない希少価値が部屋全体の雰囲気を高級なイメージにしてくれます。また、無垢材の肌触りは突き板の建材などと違い木材独特の柔らかな風合いがあります。
このように住む人間にとても優しい無垢材の建材ですが、もちろん欠点もあります。それは板自体の変形が起こりやすいということです。木材は湿気によって収縮を繰り返します。このことから、無垢材は湿度が高い場合膨張し、湿度が低い場合には収縮します。このことにより、フローリングなどは目地がすいたり逆に反りあがったりします。
これらの欠点を無垢材の特徴だと思って使用することが出来るなら、無垢材のよさを十分に引き出すことが出来ます。もし、無垢材のフローリングなどを使用するときにはこれらの欠点も十分理解して使用してください。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。