スポンサードリンク

ベランダの納まりと注意点

2階建て住宅を作るときにベランダは標準装備のようなものですよね。たしかにベランダは物干しや2階の居室から屋外に出ることができる便利な空間です。しかし屋外に設置されていることから、どうしても雨仕舞いには注意が必要となります。ベランダ床の仕上げ材として最近ではFRP樹脂が一般的に用いられています。このFRP樹脂はガラス繊維をエポキシ系の特殊プラスチック樹脂で固めたもので、船の船体などに使用されるとても強度が高く腐食にも強い材料です。
FRP素材で防水処理を施したベランダであってもたまに雨水による漏水トラブルが発生する場合があります。その場合の一番の原因はパラペット(壁の立ち上がり部分)とサッシの取り合い部分でうまく防水ができていなかった場合などに起こるときがあります。また、サッシ下端の立ち上げ寸法が少なくて雨水がサッシの下部分から進入したりすることがあります。
ベランダのドレン(排水口)のつまりにも注意が必要です。もしドレンが詰まった場合ベランダはプールになりますのでそのような場合はオーバーフロー管を設置して部屋内に雨の侵入がおきないように施工しておく必要があります。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ムコ多糖症を多くの方に知って頂くために
Excerpt: 先ほどsimojiさんのBlog、Outdoor in 東北でムコ多糖症の記事を読ませていただきました。ウチでできることぐらいならって事で賛同させていただきます。もし興味がございましたら、以下の文をご..
Weblog: 欲しいもの&Getしたものリスト
Tracked: 2007-09-17 10:57
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。