スポンサードリンク

ピン工法の住宅

木造住宅で最近多くなってきたのがピン工法の住宅です。まだ在来工法が主流の木造軸組み工法ですが、ピン工法は在来工法に比べて材料の加工が簡単にできることと金物による完全な締め付けができるために精度の高い仕上がりが可能となっています。
また、ピン工法は囲う部分の欠損が少なく構造上強固なつくりが可能となることによりピン工法住宅は集成材などの欠損を嫌う材料にはもってこいの工法ということができます。
ピン工法住宅は組み立て方法は構造材にあらかじめ取り付けた金物に材料を挿入もしくはかみ合わせて約直径1cm×長さ10cmのピンを挿入することで材料同士の締結が可能となります。
柱の場合はほぞ用の金物(丸い直径3cmの棒)に柱を差込、挿入完了後にピンを挿入することで固定します。
このように組上げられたピン工法住宅は高い組み立て精度を誇っています。また、地震による構造材の抜けなどにも対応しています。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。