スポンサードリンク

屋根からの雨漏れ原因

木造住宅にとって災害時の倒壊、延焼についで怖いのが雨漏れによる木材の腐朽なのではないでしょうか。そこで今回は屋根からの雨漏れについて紹介していきます。
屋根からの雨漏れはどのようにして起こるのでしょうか?まず一番考えられるのが屋根材(瓦やコロニアルなど)が割れていたり、施工不良により瓦がずれていたりすることでしょう。
しかし、このような瓦材のわれやずれなどは新築工事の際には竣工前に検査を行うのでまずありません。
では、他に屋根からの雨漏れはどのようにして起こる理由として考えられることは下屋根と外壁との雨切部分の施工不良による雨漏れや、寄せ棟屋根などでの谷(雨水が合流する箇所)部分の捨て板金の施工不良、トップライト(屋根に取り付けた天窓)の施工不良などが考えられます。
そのほかにも台風時などの横雨により、かぶりの少ない瓦などはわずかながら雨漏れを起こすことがあります。
もし、雨漏れを発見した場合にはすぐに対応しなければ木材の腐朽につながり、シロアリが発生することも考えられます。雨漏れには最新の注意を払いましょう。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。