スポンサードリンク

シロアリ被害対策

木造住宅で一番怖い敵はなんと言ってもシロアリでしょう。一匹一匹はとても小さな本当に普通のあり位の大きさのシロアリが住宅全体を壊してしまうまで食い荒らしてしまうのです。
もし、一生の財産と思って買った家にシロアリ被害が起きてしまってはなくに泣けない状態になってしまいます。新築住宅の場合シロアリ予防の薬を塗布した場合5年間保証はつきますが、もし、シロアリがその住宅に浸入してしまっては5年もたたないうちにシロアリの食害を受けてしまうでしょう。
住宅の構造材でシロアリの被害にあわないものといえばガラスくらいのものでしょう。コンクリートも体内から出す【酸】によって溶かしてしまいます。ですので、もしマンションなどの鉄筋コンクリート造りの住宅に住んでいてもシロアリの被害にあわないことはないのです。
帰って、高気密高断熱であるがゆえに冬でもシロアリの活動が活発に起こりシロアリの食害を受けてしまうことが考えられます。
シロアリ被害はおおよそ腐朽した木材から広がっていきやすいものです。このことから、木材などがぬれるような状態にあるのであれば(漏水や雨漏れなど)すぐに復旧工事をする必要があります。
また、高温多湿をシロアリは好みますので、空気がこもらないように床下などは常時換気できるようにしておきましょう。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。