スポンサードリンク

通気工法の家

住宅の外壁にサイディングを張る家が多くなりましたよね。新築住宅のかなりの部分がサイディング貼りの住宅でしょう。そのサイディングを張った住宅が世の中に出てきたのはまだそれほど年数がたっていません。せいぜい20年位のものでしょう。その前にも乾式外板は用いられていましたが、現在のようなサイディングはまだ普及していませんでした。
なぜこれまでサイディング貼りの住宅が増えたのでしょうか。一つの理由に工期の短縮が挙げられるでしょう。また、モルタルなどの塗り壁特有のクラック(ひび割れ)が発生しづらいのも特徴の一つです。
サイディングも10年位前までは通気シートに直接サイディングを打ちつけていたのですが、サイディングへの結露が発生することが判明したことから、通気工法を取るようになりました。
通気工法とは木造の下地材とサイディングの間に通気層(空気の層)を設けることでサイディングの結露防止とシーリングが切れたときの雨水の浸入を少しでも防ぐ役割と、住宅の外周部に空気の流れを作ることで住宅の乾燥をさせる働きがあります。
このようなことから、最近のサイディングを張った住宅では通気工法が一般化しました。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/53449502
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。