スポンサードリンク

住宅の断熱方法

最近の住宅断熱方法は内断熱工法から外断熱工法へと移行しつつあります。といっても、完全に外断熱工法に移行することはないと思いますが。
なぜ今、外断熱工法の住宅が増えてきたのでしょうか。その原因の一つが家全体を断熱材(発泡スチロール系の断熱材)で隙間なく囲むことにより高断熱住宅が簡単にできるということでしょう。もちろん窓などの開口部は断熱材で囲むことはできませんが、ペアガラス、と高気密サッシで、断熱効果を高めて高断熱仕様の住宅になっています。
断熱工法は従来行われてきた住宅の断熱工法です。内断熱工法は外壁面の壁の中にグラスウールやロックウール、その他断熱材を充填して、プラスターボードなどの内装材で挟み込む方式です。
断熱工法の断熱効果を低下させないためには壁内のコンセント部分などの切りかき部分もちゃんと断熱材を施工しなければならないということです。実際完全に断熱効果を求めることは難しいです。
断熱工法は外壁面の壁の中に断熱材を充填する必要がないため、コンセント部分の切りかきなどが発生しないため、気流の乱れが発生せず断熱効果を下げることがないことが最大のメリットといえます。
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/52582324
マイホーム購入の基本講座HOMEへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。