スポンサードリンク

造作出窓

あなたは住宅を建てるときに出窓の設置を検討していますか。
もし、出窓を取り付けるのであればどのような出窓にしますか。
出窓といっても実にさまざまな形のものがあります。
しかし、既製品ではない、作りつけ=造作の出窓を検討したことはあるでしょうか。

今から20年位前は今のような既製品の出窓というのはあまり普及しておらず、出窓といえば大工さんが作るタイプの出窓が多かったものです。

この造作出窓のメリットは何なのでしょうか。

まず、サッシメーカーの既製品の出窓と違い、安価に製作できるということです。
確かに既製品の出窓は体裁がよく、見栄えがしますが、造作出窓に比べて約2倍の価格になってしまいます。

また、出窓の下に収納を設けるようなことはまずできません。
造作で窓の場合で窓部分のした部分にちょっとした、収納スペースを確保することが可能となります。

もし、新築に出窓を検討中であれば造作出窓を検討してみてはいかがでしょうか。

高齢者に対応した建具製品

日本の人口のうち約1/6の約2000万人が70歳以上の高齢者になっています。
これは住宅の作り自体を変えなければならない状況になってきています。

以前のバリアフリー住宅というとどちらかというと身体障害者にむけられた言葉だったようですが、今では元気なお年寄りであっても若いころのような身体的能力が劣ってきた人に対しても使用される言葉になってきました。
そのために住宅を作るときにも高齢者対策を施した製品を使用する必要が出てきました。

高齢者対策の建具には等級ごとに5段階の製品があります。
まず、一番低い等級は等級1で一番上は等級5になっています。

等級1と等級2においてはそれほど通常の建具と変わらないのですが、等級3から上になると車椅子で移動できるような間口の広さが必要となってきます。

今後高齢化のいっそうの加速が進むことが懸念されていますので、バリアフリー対応住宅にリフォームすることも視野に入れておく必要があるのではないでしょうか。

トイレは中折れ戸で

トイレはマイホームの中でなくてはならないユーティリティールームのひとつです。

もし、トイレがなかったら、本当に大変です。

しかし昔の家にはトイレはありませんでした。

正確に言うと暮らすための居室とトイレは別の場所に存在していたのです。

それはトイレは不浄のものという考えがあったからでしょう。

最近ではトイレはとてもきれいになりました。

その理由のひとつが洋式トイレになったこともあるでしょう。

また、当然ですが、新築住宅では水洗トイレが当たり前です。

日本国民の高齢化が進んできたことによってそのトイレを取り巻く状況も最近では変わりつつあります。

バリアフリー住宅が当たり前になってきていますが、本当のバリアフリー住宅にはまだ程遠いのが現実でしょう。

まず、開口部分が狭いということがあります。

トイレ用のドアは以前は650ミリ幅くらいのものが多く使用されていましたが、最近では800ミリ幅にまで広がっています。

それでも車椅子の出入りには不便となります。

そこでドアを中折れ戸にしませんか。

中折れ戸はドアが約1/3の場所で折れることで開口部分が広くなります。

今後のバリアフリー住宅を考える上では中折れ戸はなくてはならないアイテムになることでしょう。

マイホーム購入の基本講座HOMEへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。